コーチングや1on1において、
「質問」のスキルは、
コーチングの成功を握る重要な鍵。

というわけで、
本日より何回かは、
「コーチングスキル質問編」ということで、
お伝えしていきたいと思いますが、
今日は、
コーチングにおいて使う質問の全体像について、
お伝えしていきます。

質問ークエスチョンマーク

こんな方におすすめ

  • コーチングや1on1をビジネスシーンで使いこなしたい
  • コーチングや1on1をやっているがなかなかうまくいかない
  • コーチングや1on1を導入したいと思っている
  • 相手の考えをうまく引き出すことができない

この記事でわかること

  • コーチングでどのような質問を使うのか
  • それぞれの質問がどういうものなのか

記事の信頼性

この記事の筆者は、

  • PHP研究所認定ビジネスコーチ(上級)
  • ビジネスコーチングは延べ2000人以上に実施
  • コーチング研修の実施歴8年で200本以上実施

コーチングにおいて意識すべき4種類の質問スキル

質問の考え方や切り口は、
いろいろあると思いますが、
本日は4つの質問の種類を紹介します。

それぞれの種類を適切に意識して使うことで、
コーチングは非常に効果的なものとなります。

4種類の質問とは…

  • オープンクエスチョン/クローズドクエスチョン
  • 掘り下げる質問/拡げる質問
  • 過去質問/未来質問
  • 肯定質問/否定質問

なお、この記事では、全体像と概要に触れ、
このひとつひとつについては、
別の記事でより具体的に紹介していきたいと思います。

その1:オープンクエスチョン/クローズドクエスチョン

正確には、
「Open ended question」

「Closed ended question」

開かれた質問と閉ざされた質問。

オープンクエスチョン

オープンクエスチョンというのは、
質問された人が、
自分で言葉を選び、
自分で文章を考えて、
答えなければならない質問の仕方。

コーチングでは、
この質問の仕方が軸となります。

質問された人が自由に回答できるため、
回答者の真意が表現されやすいが、
考えるのに比較的時間がかかります。

オープンクエスチョン-why

クローズドクエスチョン

クローズドクエスチョンは、
質問する人が回答を準備することになります。

イエス/ノーで答えることができたり、
いくつかの選択肢を提示して、
その中から選んでもらう、
いわゆる「択一式」だったりするのが、
クローズドクエスチョンです。

答えるのが簡単で時間が掛からない反面、
真意が見えづらかったり、
回答者の意図に誘導されたりすることがあります。

クローズドクエスチョン

その2:掘り下げる質問と拡げる質問

私がコーチングにおいてする質問は、
ほとんどこれと言っても過言ではないくらい、
この質問にはお世話になっております。

この2つの質問で、
曖昧な情報やアイデアについて、
より具体的にしたり、
選択肢を増やしたりする。

掘り下げる質問

曖昧な情報を具体的にする質問の仕方。

「それってどういうこと?」

って質問していく。

相手:「幸せになりたいんですよ」
コーチ:「幸せってどういうこと?」
相手:「結婚したいんです」
コーチ:「どんな結婚だったら幸せかな」
相手:「優しい人と結婚できれば幸せです」
コーチ:「優しい人ってどんな人?

…(続く)

とこんな感じ。

掘り下げる質問(ショベルカー)

拡げる質問

他の情報やアイデアを引き出すための質問。

「他には?」

これだけ。
非常にシンプル。

「どんな人と結婚したいの?」
「優しい人」
「他には?」
「一緒にいて心地いい人」
「他には?」
「アウトドアが好きだったらいいですね…」
「他には?」

という感じ。

※お気づきと思うが、
この答えもすべて掘り下げることができる。

「優しいってどういうこと?」
「一緒にいて心地いい人ってどんな人?」
「アウトドアって例えばどういうこと?」

拡げる質問

その3:未来質問と過去質問

これは時制なので、
時間の方向性。

コーチングというのは、
未来創造型のコミュニケーションであるので、
必ず、
望む未来を想像し、
それを実現するために、
あらゆる過去を材料としていく。

「望む未来って何?」
「そのためにどうする?」

これがコーチングの基本。

そして、
それをつくるために参考にできる過去があるのであれば、
大いに参考にする。

未来質問・過去質問

未来質問

未来のことを訊く。

これから起きることや起こすことを訊く。

過去質問

過去や現在のことを訊く

すでに起きていることを訊く。

その4:肯定質問/否定質問

これは、
訊く内容や訊き方が、
前向きか後ろ向きかということなので、
内容や気持ちの方向性のお話しです。

予めお伝えしたいことは、
どちらも有効な質問であり、
適切に使い分ける必要があります。

※否定質問がダメかのように伝えたり、
書いていたりすることがよくあるので、
それは違うということをお伝えしておきたいわけです。

肯定質問・否定質問

肯定質問

あるものや創り出すことに焦点を当てる質問

否定質問

ないものや脅威・抵抗に焦点を当てる質問

目的に沿った質問を創り出す

大切なことは組み合わせ。
上記4種類の質問が、
単発になることはほとんどなくて、
投げる質問は大抵の場合、
上記のいくつかの組み合わせになっています。

質問の例

例えば、
「どんなふうに成長していきたいって思ってる?」
って訊いたら、
この質問は、

  • オープンクエスチョン
  • 未来質問
  • 肯定質問

ですし、

その質問に対して相手が、
「かっこよくありたいです」

って答えたとして、
「どうであったら『かっこいい』って言えるだろうか?」

って質問したら、これは、

  • オープンクエスチョン
  • 掘り下げる質問
  • 未来質問
  • 肯定質問

とすべてが網羅されているし、

逆に、
「カッコ悪い状態ってどんな状態?」

って質問したら、

  • オープンクエスチョン
  • 未来質問
  • 否定質問
  • (拡げる質問)

ということになるわけです。

また、

「これまで自分のことカッコ悪いなって思ったことはある?」

って質問したら

  • クローズドクエスチョン
  • 過去質問
  • 否定質問

ということになるわけです。

イメージつきますか?

未来のために扱うべき内容は質問する

前述のとおり、
コーチングというのは未来創造型の、
支援のコミュニケーションです。

その未来を想像するために、
扱うべき内容は、
それが否定的なものであっても、
扱わなければなりません。

その否定的な内容に直面しつつ、
それを前向きなエネルギーに変えることを支援するのです。

コーチも相手も、
見据える先は、未来の望ましい姿。
これを忘れてはいけません。

コーチングの質問は未来のためにある

今日のまとめ

というわけで、
今日はさらりと全体像でした。

重要なことは、

  • オープンクエスチョンに軸足
  • しっかりと掘り下げて拡げる
  • 未来をつくる質問をする
  • 前向きに考えられるよう支援する

ということ。

できているつもりでも、
結構できていないことです。

適切に質問をすると、
相手の思考を明確にしたり、
お互いの認識をしっかり合わせたりと、
確実な前進に繋がります。

質問力を鍛えましょう!

関連記事

効率的な育成にはティーチングとコーチングの両方が必要です!

相手の主体的な行動を最大限引き出す「コーチング」とは

一流のコーチは技術だけではない!コーチングを成功に導く5つのあり方

コーチングの基本:「ラポール」がなければコーチングできない!?

コーチングの基礎:非言語要素を磨いてコミュニケーション力アップ

【コーチングスキル編1 :傾聴①】「この人はわかってくれる」を創る

コーチングスキル1:傾聴②】沈黙が考える力と主体性を育てる

コーチングでラポール(信頼関係)を築く「ペーシング」とは

「リーディング」で相手のココロを動かすコーチング

コーチングや1on1で「メモ」は取っていいんですか?

コーチングスキル質問編① コーチングにおいて意識すべき4種類の質問

コーチング研修や1on1導入のお問い合わせはこちらから

LBJお問い合わせフォーム

(Visited 350 times, 1 visits today)