最近、ビジネスの現場において、
1on1 ミーティングを実施する組織が増えています。

突然の 1on1 という仕組みの導入や、
忙しい中での 1on1 ミーティング の実施に、
戸惑いの声も聴こえてきます。

1on1 ミーティングは、
正しく理解することや実施することによって、
組織にとって大きな成果や効果が見込めます。

「1on1なんて意味がない」と決めつけずに、
是非前向きに考えてみてほしいなと思い、
1on1に関連したタイトルで、
しばらく記事を綴っていこうと思います。

この記事を読んでわかること

  • 1on1 ミーティング とは何か、その定義。
  • 1on1 ミーティング ではないものとの大まかな区別

こんな方におすすめ

  • 1on1 ミーティング を実践している方
  • 1on1 ミーティング の導入をお考えの方
  • 1on1 ミーティングが何者なのかがよくわかっていない方

など

この記事の信頼性

記事執筆者の半谷知也(はんがいともなり)は

  • プロ講師として企業研修を1,000日以上実施
  • プロコーチとしてコーチングを2,000人以上に実施
  • 関わらせていただいた企業・組織は100社以上
  • リーダーシップの研修を15年以上実施

 1on1 ミーティング という言葉の区別

広義の 1on1 ミーティング と狭義の 1on1 ミーティング

まず、この記事をスタートするにあたり、
広義の1on1と狭義の1on1を区別しておきます。

ちなみにこれは、私の主観です。

このブログにおいて、
私が記事を書く上で、
あるいはこの記事を読むみなさんにとって、
わかりやすくするために定義しているだけで、

違う解釈は世の中に山ほどあるであろうことは、
ご理解いただいた上でお読みいただけると幸いです。

そして、この区別をした上で、
1on1を実施する人が、
「どのような意識で 1on1 ミーティング をするのか」

つまり、
この 1on1 ミーティング という言葉を、
どのような意味で理解しているのか

ということも、
1on1 ミーティング を成功させる、
非常に重要な要素であることを押さえておいてください。

広義の 1on1 ミーティング

これは非常にシンプルで、
1対1でミーティングをすること。

この形式であれば、何でも1on1。

  • 上司や指導員との面談
  • 人事考課面談
  • 1対1の採用面接
  • 1対1のインタビュー
  • 1対1の相談

etc

1対1でやる話し合いやミーティングならば、
なんでも1on1になります。

だから、
自分たちがやっていた面談と何が違うわけ?

という、
突然1on1というものを強いられた、
マネジャーや指導員たちの気持ちはよくわかります。

狭義の 1on1 ミーティング

このブログで「狭義の」と言っているのは、

「最近世の中で騒がれている 1on1 ミーティングって何?」

というところをお伝えしていきたいと思っております。

そして、この記事では、
ここが一番重要な部分です。

以降、私が、

「1on1」とか「1on1ミーティング」
という言葉を、
このブログやyoutubeなどで使う場合は、
この定義や意味で使っているとご理解ください。

1on1 ミーティング に関わる人の定義

ビジネスにおいて1on1ミーティングが導入されるとき、
多くの場合において、

  • マネジャーとメンバー
  • 上司部下
  • 指導員と被指導員
  • メンターとメンティ

といった、

立場的/階層的な上下関係で行われることが多いです。

したがって、このブログやyoutubeにおいて、
言葉を統一するために、
1on1を実施する双方の人を、
以下のように定義することとします。

1on1リーダー(リーダー) = マネジャー、上司、指導員、メンターなどの立場

1on1メンバー(メンバー) = メンバー、部下、被指導員、メンティ

1on1 ミーティング とは

では、
世の中で広がっている 1on1 ミーティング とは,

一体 何なのか。

  • 1on1 ミーティング の 目的 が設定され共有されている
  • 定期的実施頻度が高い
  • 双方に意識的な対等性がある
  • テーマは目的に沿って自由に設定される

おそらく、
多くの方が想像する「面談」とは、
違うイメージなのではないかなと思います。

こういうのは 1on1 ミーティングとは違う

逆に言えば、
以下のような状態は違うということです。

  • 目的が不明確。
  • 組織や上司の目的に偏っている
  • 不定期で実施される。
  • 気が向いたら実施される。
  • 「そういう時間がほしければ声かけてね」という
    相手次第という状態
  • 3ヶ月や半年に1度程度の開催頻度である。
  • 上下関係がその場を支配している。
  • 立場的に下の人は、自分の話ができない。
  • テーマは組織や上司によって決められている。
  • 何を話せばいいのかわからない状態が続く。

など

今日のまとめ

今回は、
1on1 ミーティングの定義や解釈についてお伝えしました。
細かいことを書いていくと、
ものすごいボリュームになってしまうので、
タイトルを変えながらいろいろと綴っていこうと思います。

ざっと考えている

1on1 ミーティング に関連するテーマは、

  • 1on1 ミーティング の 目的
  • 1on1 ミーティング の テーマ
  • 1on1 ミーティング の 効果
  • 1on1 ミーティング と 面談 の違い
  • 1on1 ミーティング における 関わり

など

真面目に続けていきますので、
興味のある方はお付き合いください。

(Visited 112 times, 3 visits today)