対象者

・組織を取りまとめる経営者や管理職の方 ・部下や後輩を指導・育成する立場にある方 ・プロジェクトリーダーとしてメンバーやパートナーを取りまとめる方 など、メンバーの考えや意見を引き出し、メンバーの能力やパフォーマンスを最大限発揮させるコーチングのスキルを修得したい方

研修のねらい

コーチングの概念を理解 コーチとしての心構えの理解および自身の現状確認 コーチングスキルの理解および課題の洗い出し コーチングのプロセスの理解 「これは使える」「やってみよう」という気持ちになる

研修の流れ

1.コーチングとは 2.育成に必要な2つの要素 〜ティーチングとコーチング〜 3.コーチの心構えと考え方 4.コーチングのスキル 5.コーチングの流れ 〜GROWモデル〜 6.コーチングロールプレイ 7.一日の振り返りとコーチングの実践プラン

研修の特徴

・体験学習

・対話形式

・徹底質問対応

研修プログラム例

1.コーチングとは

<コーチングは馬車> (1)コーチングとは何か (2)コーチングの効果

2.育成に必要な2つの要素 〜コーチングとティーチング〜

<ティーチングとコーチングを適切に使う>

(1)「ティーチング」と「コーチング」

(2)成長段階に合わせた使い分け

3.コーチングの心構え

<コーチの心構え(見方と考え方)を整える>

(1)コーチの「あり方」と「やり方」    コーチングの効果は「あり方」×「やり方」

(2)コーチに必要な漢字4文字   「関」「信」「認」「任」

4.信頼関係を構築する

<コーチングは信頼関係に比例して機能する>

(1)コーチングを機能させる前提「ラポール」

(2)信頼をつくるコミュニケーション    【グループワーク】信頼を創る/壊すコミュニケーションとは

(3)日常的に信頼関係を積み上げる

5.コーチングスキルの習得

<部下を力づける「傾聴」「質問」「フィードバック」のスキル>

(1)傾聴のスキル    傾聴5つのポイント    【ペアワーク】「聴く練習」

(2)質問のスキル    部下の考えを引き出すための3種類の質問

(3)フィードバック(承認)のスキル

 相手のいいところを認める3つの視点  【ペアワーク】部下・後輩や同僚を承認してみる

(4)フィードバック(指摘)    伝えやすく受け取りやすい3STEPフィードバック

6.コーチングの流れ~GROWモデル

<目標達成を支援するためのGROWモデルを理解する>

・目標達成のフレームワーク~GROWモデル

①Goal(目標の明確化)

②Reality(現状把握)

③Options(選択肢の創造)

④Will(行動プラン作成、決意)

7.ロールプレイング <今日学んだコーチングを「やってみる」>   

 【3人ワーク】相手の目標達成・問題解決を支援するコーチング

8.振り返りとコーチングの実践プラン <学びを実践へ>

(1)1日の振り返り(学び・気づき・発見のまとめ)

(2)実践プランの作成(日常や職場においてどのように活用するか)

(Visited 13 times, 1 visits today)