このご時世、ミーティングも拠点をつなぎ、オンライン(ビデオ通話など)で行うことが多くなった。1on1ミーティングも同じように、オンラインを利用して実施されることは増えていくように思う。

今日はその時の注意点などをまとめていければと思う。

1on1ミーティングをオンラインで行うときの懸念

大きな懸念は以下の2つ。

他のことやってんじゃないか???

当然ながらオンラインのときに見えるものは限界がある。相手のカメラで相手が設定したアングル・範囲でしか、その場を捉えることができない。

また、相手の都合でカメラをオフにしたり、ミュートにしたりすることができる。

この不安がどちらか一方に生じると、1on1はうまくいかない。

伝わってないのではないか???

コミュニケーションは、言葉のやりとりだけではなく、表情や声の様子を読み取ったりしている。

自分が何かを伝えたときの相手の表情を観察しながら、「伝わったな」とか「不安そうだな」とか「まったくわかってないな」ということを情報として受け取り、さらに必要な情報を与えようと試みる。

オンラインでは、カメラを通じての情報キャッチになるため、現場でリアルに会話をしているときよりも、読み取りづらくなる。オンライン通話は相手のカメラの解像度や回線の状況によっても、読み取りやすさが変わる。

また、ビデオがなく電話(音声のみ)の場合は、視覚から入る情報がまったくなくなるため、さらに読み取りづらい。

対面でミーティングをするよりも、意思の疎通がしづらい状況になる。

1on1ミーティングをオンラインで行うときに必要な準備(ソフト)

ルールの設定と共有

まずはルールを設定すること。ルールの例は以下のようなこと。

・1on1ミーティングに集中する(他のことやらない)
・カメラはONにする
・会議中はミュートにしないこと

・不安なことやわからないことは必ず言葉に出すこと(対面より読み取りづらいため)

・うなずくだけではなく言葉のあいづちで反応を示すこと

など

そして、このルールを共有することが重要だ。

どれくらい機能するかはわからない。

しかし、開始前に意識付けすることが重要なので、わかりきっていたとしても確認の意味でルールを共有しスタートすることが大切。

仮に1on1の途中であったとしても、必要と思ったらルールの確認をやることも効果的。

目的の明確化と共有

これはオンラインの1on1に限った話でもないのだが、1on1ミーティングの時間を何のためにやるのかという意識付けは大切。

目的を明確に持っていれば、モチベーションが掛かる。それゆえに、他のところに意識が行きづらくなる。

1on1ミーティングをするときの鉄則だが、1on1ミーティングの冒頭で、「今日はどういう目的でこのミーティングをするのか」ということを共有したらいい。その目的に根ざして、1on1ミーティングの時間を過ごすことができる。

マネジャーのマインドセット

1on1ミーティングは、例えばマネジャーとメンバー、メンターとメンティなどの間で実施される。基本的に「支援する側」と「支援を受ける側」の立場がある。

今回の「マネジャー」としているのは「支援する側」。

無論、両方のマインドセットは大事だ。前述の「目的」の明確化ともつながる。

マネジャーのマインドセットというのは、
「この時間は大事な時間なんだ」
と自覚をすること。

「相手の成長を願い…」
「相手の成果を願い…」

この時間を有意義な時間にするぞ。
それも自分が主体となって。

と、この意識付けを自分自身にする必要がある。

そして相手は、
マネジャーの本気度以上には、決してならない。

相手に「主体的にやってほしい」と望むのであれば、
まずは自分からその状態をつくる必要があるということ。

1on1ミーティングをオンラインで行うときに必要な準備(ハード)

心の準備ができたとしても、環境が粗悪であるばあい、
1on1ミーティングは昨日しない。

注意すべきは以下のこと。

・回線
・カメラ
・マイク
・スピーカー

・オンライン通話ソフト

今日のまとめ

今日はオンラインで1on1ミーティングをするときの注意点を簡単にまとめた。簡単なことだけど、おろそかになること。
ちょっとした工夫やひと手間で、有意義な時間にも無駄な時間にもなる。

おそらくオンラインで1on1ミーティングや会議をする機会は増えていくはず。やり方を整えて有意義な時間にしていきましょう。