なんとも家にいる時間が増えた…。

子どもとの時間が増えている一方で、
それは我が家の収入が減っていることを表すわけで…。

何かを立てると何かが立たない。
これは世の常ですが、
きっと願えば叶う。

両方を手に入れられるように、
頑張っていこうと心新たに進んでいる毎日です。

さて、そんな中、
我が家ではちょっとした、
「バドミントンブーム」が到来中。

子どもたちは、
晴れていれば、「バドミントンやろう」となるわけです。

が、バドミントンというのは、
外でやるのが難しいスポーツですね。
ここのところの千葉は、
風が止む日がありません。

こんな中、
子どもとバドミントンをやるためには、
きっとそれなりの技術が要求されるわけですが、
こちらもかなり技術レベルが上がります。

1年前はまったくラリーにならなかった次男も、
かなり続くようになってきた。

風が吹いていなければ、
20回は普通に続く。

ただ打ち合っているのも、
面白いっちゃ面白んだけど、
ふと、こんな言葉をかけてみる。

「今週中に30回頑張ろう!」

目標を立てるといいこと3つ

いいこと1つ目:モチベーションアップ

「今週中に30回頑張ろう!」

この言葉で、息子の目の色が変わる。

つまり、
「気合が入る!」

いいこと2つ目:工夫を凝らす

ただ打つだけではなく、
「30回続かせるためにはどうしたらいいだろうか?」
と考える。

無意識だが、
どうやればうまくいくのか?

どうだったからうまくいかなかったのか?

瞬時に考えて、自分自身に修正を加える。
これは子どもでもそう。

より真剣にやるのであれば、
意識的に振り返りをすればいい。

目標があると、
振り返りができる。

いいこと3つ目:達成感を味わえる

これは当然ながら、
目標がなければ味わうことができない。

何も設定しないと、なんとなく超える。
設定すると、「よっしゃー!!!」ってなる。

そしてこれは、
次へのモチベーションにもなる。

で、息子のバドミントンどうなったかというと…

目標を設定した3日後に達成。

結果は37回。

「このまま50回いっちゃうかも」

って思うくらい調子が良かったんだけど、

まあ、一気に言っちゃうよりも、
達成感を味わう機会が増えていいかも。

次は50回!

息子はというと、
飛び跳ねて喜ぶ。

お母さんに自慢する。
しばらく気持ち良さそうでした。

こうして自身が湧いてくるし、
バドミントンやスポーツをもっともっと好きになる。

目標設定の注意点

目標設定の注意点は2つ

その1:それなりの能力を持っている

能力ゼロの人に、
「目標持て‼」と言っても、
それは無理というもの

すでにその仕事にそれなりのモチベーションがかかっていることが望ましい。

そのモチベーションをかけるのは、
いろいろなやり方があるけれど、
本人が自分で意味づけできるように、
サポートしてあげる必要がある。

そのためには、
ビジネスコーチングのスキルが役に立ちます。

その2:適切なサイズであること。

私の息子に、
「100回行こう」

って言っても、目標にならない。
「無理!」
で終わる。

「背伸びしてなんとか届くかな?」という、
達成に希望を持てるくらいのサイズが、
丁度いい。

きょうのまとめ

成果を創ったり、
人の能力を伸ばしたりするためには、
適切な目標を設定してあげるといい。

目標は、
より大きな成果をもたらしたり、
期限を早めてくれたりする。

遊びの中にも、
気軽に取り組める目標を立ててみてはどうでしょうか?