「当事者意識をもたせたい」

さまざまな組織や企業に関わらせていただいているが、
経営者や人事部の方と話をすると、
「とにかく社員に『当事者意識』をもたせたい」
というお話しをよく聴く。

これが研修のニーズとしては一番多いのではないか。

つまり、当事者意識が感じられないということ。

当事者意識ってなんだろう

そもそも当事者意識とは何か。

「当事者」を広辞苑で調べると、
「その事またはその事件に直接関係をもつ人」

組織における当事者意識の欠如とは、
その組織に直接関係があるにも関わらず、
その組織の事柄に関係がないように振る舞ったり、
関心が薄かったりする意識の状態であるということ。

当事者意識の反対は?

では当事者意識の反対語はなんだろう。

「当事者」の反対語はいろいろ考えられる。

「部外者」
「第三者」
「傍観者」

部外者、第三者は組織という意味では、
その組織にいない人ということになる。

したがって、部外者や第三者が当事者意識を持っていないことは、仕方のないこと。

というわけで、問題は「傍観者」

当事者意識の反対語①「傍観者意識」

傍観者意識の内的会話は、
「誰かがなんとかしてくれる」

当事者であるにも関わらず、傍観者意識になっている。
これがなんともまずい。
傍観者というのは人任せ状態。

誰かが何とかしてくれる。
意見を言うのは他の人。
行動するのは他の人。
責任取るのは他の人。

受け身指示待ち。

当事者意識の反対語②「被害者意識」

被害者意識の内的会話は、
「私のせいじゃない」
(だから私は動かなくていい)

「悪いのは他の誰か」
「悪いのは環境」
「悪いのは時代」
「悪いのは会社」
「悪いのは仕組み」

うまくいかない理由を決して自分の中に見出すことはない。

また、悲劇のヒロイン状態であれば、
他から同情してもらえる。

しかし、こういう人もまた、
何か状況をプラスに転じさせることはない。

それどころか…、
不平や不満や愚痴を振りまいて、
周りの雰囲気を壊すことはするかもしれない。

当事者の反対語③「無関心」

無関心状態の内的会話は、
「どーでもいい」

傍観や被害者。
これらは少なくとも関心のある状態。

無関心が一番手に負えない。

当事者意識

さて、当事者意識。
上記の3つではない状態。

すなわち、
起きていることを「自分ごと」として捉える状態。

そして、当事者意識というのは、「状態」のこと。
誰でもこの状態になるし、誰でも上記3つの状態に陥る。

大事なことは、意識的に「当事者意識」でいる時間を長くすること。

そのポイントを、
次回のブログで纏めていきます。