決めたことやる!

私たちは、日々たくさんの選択と決断を迫られる。
言ってしまえば、
「朝起きるかどうか」
ここからすでに選択だ。
ふとんから出たものの、
もう一度入ろうか。
その場合、目覚ましをセットすべきか。

など、いちいち、選択と決断だ。

自分が決めたことを、
やらない理由はいろいろな形でやってくる。

禁酒する。
禁煙する。
痩せる。
毎日運動する。
勉強する時間をつくる。
本を読む。
新聞読む。

自分にとって、必要と判断して、
一度は決断した事柄も、
簡単に揺らぐさまざまな要素は、
日常に嫌というほど転がっている。

決め続けるフォロー

というわけで、
決断というのは日々の生活で、
さまざまな出来事や状況との出会いを通じて揺らぐもの。

だからこそ、
コーチングセッションの終わりで、
「決めました!」「やります」

「じゃあ頑張って!」

で終わってはいけない。

コーチは実際に決めたことが行動に移されているか。
現状がどうなのか。
本人の気持ちはどうなのか。

とコーチングセッションが終わったあとも、
関心を向け続けていく必要がある。

「監視」ではなく「応援」
本人が決めたことを自分でやり続ける

(Visited 5 times, 1 visits today)