いきなり「目標を立ててみよう」って言われてもなかなか難しかったりするので、ひとつの切り口を紹介する。

そして機能する目標の指標についても、ひとつご紹介する。これはよく出回っている目標設定の基準であるが「SMART」モデルと呼ばれる。目標設定の際に照らし合わせながら、機能する目標となっているかを確認するための道具だ。

年間目標設定8つの分野

というわけで、年間の目標を立てましょう。

もちろん、決まった切り口はない。自分の人生におけるどのような分野で目標を立てるのか、自分にとってのベストな形を見つけていけばいい。私は8つの分野で目標を立てている。ちなみにこれも、師である田近さんの受け売り。

すべてを埋めなければならないものでもないし、それぞれの人生には価値観や信念というものもあるので、特にどれが大事であるかということも、人によって異なると思う。

自己成長

家族

人間関係

健康

趣味、余暇

仕事

お金

社会

※田近さんは確か、健康を「肉体的健康」と「精神的健康」に分けて、さらに仕事の他に「職場」という項目があって、全部で10項目。

まあ、できるだけシンプルにしたかったのと、ビジョンの周りを8つで囲んで全部で9つにしたら私の中では収まりが良かったので、今はこんなふうにやっております。

SMARTモデル

目標設定の指標となる「SMART」という考え方がある。GoogleでもYahoo!でも検索で、「SMART 目標設定」とやれば、たくさんのページが出てくる。これは「機能する目標を設定するために抑えるべき事柄を英単語5つ並べて示しているものだ」

S:Specific→「具体的」

目標の内容が具体的であること。

「幸せになりたいです」とか「成長したいっす」みたいな曖昧なものではなく、その内容が具体的であるということ。

M:Measurable→「測定可能」

時に数字を伴い定量的に示されているということが望ましい。やったかどうかが測れる状態で目標が定義されているということ。

「英語を上達させる」ではなく例えば、「TOEIC990点」とか、「100mをできるだけ速く走る」ではなく、「100mを9秒67で走る」と言ったように、その達成基準が可能な限り明確であるということが望ましい。

A:Attainable→「到達可能」

「やれる」目標であるということが重要。無茶・無謀な目標は、立てても機能しない。心のどこかで「無理だよな」という潜在意識が働く。モチベーションにならない。

人がモチベーションを持って進むためには「やれるかも」という希望が必要だ。

ただし、当たり前にやれるものも、目標としては不適切。

というわけで、少し背伸びした目標。ジャンプして届くくらいの目標。というレベル感、サイズ感が望ましい。

R:Relevant→「関連づいている」

より大きなビジョンであったり、組織の目標だったりに紐付いているかの確認をする。個人のことであれば、目的やビジョンとつながらない目標は、モチベーションが掛からない。また、個人の目標が組織の目標との関連性がなかったり、乖離していたりすると、組織としての成果を思うようにつくれなかったり、ひどいと足を引っ張ることになる。

T:Time Phase

期限付きであるということ。目標に期限がないのはありえない。期限のない目標は全く機能しない。期限があることで、達成の意識の焦点が合う。またある意味プレッシャーにもなる。「そこまでにやり遂げる」という意識が芽生えるし、その意識が続くことになる。

達成目標ではなく行動目標であれば、一定の期間の中でどれくらいやるのかという設定があり得る。

今日のまとめ

目標をどのように考えればいいのか。漠然と「目標立てて」はなかなか難しいが、やり方をひとつ知っていると、そのハードルは下がるかもしれない。
うまくいくやり方はいろいろと紹介されているが、今日紹介したものに限らず、自分に合いそうなものを探して、まずは試してみるといいかもしれない。そのうち自分の形が出来上がる。一般的な本やwebで紹介されているやり方よりもそっちのがいいに決まっている。自分にとってのベストのやり方を探していきましょう。

次回は、立てた目標をどのようにコントロールするのか、書いてみようかな〜と思っています。