こんな方におすすめ

  • コーチングや1on1をビジネスシーンで使いこなしたい
  • コーチングや1on1をやっているがなかなかうまくいかない
  • コーチングや1on1を導入したいと思っている
  • 相手の考えをうまく引き出すことができない

この記事でわかること

  • 掘り下げる質問と拡げる質問とは何か
  • 掘り下げる質問と拡げる質問の重要性
  • 掘り下げる質問と拡げる質問の使い方

記事の信頼性

この記事の筆者は、

  • PHP研究所認定ビジネスコーチ(上級)
  • ビジネスコーチングは1000人以上に実施
  • コーチング研修の実施歴8年で200本以上実施

掘り下げる質問と拡げる質問の必要性

なぜこの2つの質問が大切なのか。

理由は大きく2つあります。

  1. 相手の考えやアイデアをより明確にすることができる
  2. 誤解を最小限にする

あいまいな思考

相手の考えを明確にする

人の考えは、

思っている以上に曖昧です。

「今日はどんな一日にしたい?」
って訊いたとして、
「楽しい一日にしたいです」
って答えたとする。

「楽しい一日」
ってかなりふんわりしている。

「現状いかが?」
って訊いたとして、
「いい感じです」
って答える。

「いい感じって…」

人が物事を考える時、
わりと曖昧な状態で考えている事が多い。

物事を曖昧にしていると、
すぐに行動に移しづらかったり、
大事なことが見えていなかったりする。

それを具体的にしていくことや、
拡げていくことで、
可能性が広がり、
モチベーションが上がる。

ひらめきー明確化

誤解を最小限にする

言葉の意味/解釈は、
人によって違います。

人は話を聴いているとき、
自分の勝手な解釈をしていくもの。

人は話したいように話すし、
聴きたいように聴く。

ここに「誤解」が生じる。

安易に、
「わかったフリ」をせず、
「わかったつもり」にならないよう、
しっかりと確認していく必要がある。

限界はあるが、
できるだけお互いの「解釈」を合わせていく。

掘り下げる質問と拡げる質問とは

掘り下げる質問

掘り下げるというのは、
さらに具体的にすること。

  • 具体的にする
  • 詳細化する
  • 意味を確認する
  • 原因を深堀りする

など

つるはしー掘り下げる

拡げる質問

拡げる質問は、
そのままだが、拡張するということ。

  • 他の選択肢やアイデアを引き出す
  • 他の状況を確認する

ための質問

波紋ー拡がり

掘り下げる質問のやり方

基本的には、
「それってどういうこと?」
が基本的な質問のやり方となる。

掘り下げる質問例①

コーチ「今年の目標は?」

相手「英語力を向上しようと思います」

コーチ「具体的には?」
(英語力の向上ってどういうこと?)

相手「TOEICの点数を伸ばします」
コーチ「何点取れたらOK?」

(点数伸ばすってどういうこと?)

相手「そうですね…、720点を目指します」

掘り下げる質問例②

コーチ「現状はどうですか?」

相手「あまりうまくいっていないです」

コーチ「どのへんがうまくいっていないですか?」

相手「お客様と思うように会えなくて…」

コーチ「思うように会えないというのはどんな状態ですか?」

相手「他のタスクに時間が取られて、なかなか外に出られないんです」

拡げる質問のやり方

拡げる質問のやりかたは、
非常にシンプル。

「他には?」

これだけ知っていればOK。
応用が効くということですね。

拡げる質問例いろいろ

「他にはどんな状況がある?」
「他にはどんな要因がある?」
「他にはどんなアイデアがある?」
「他にはどんな目標がある?」
「他にうまくいっていることは?」
「他にうまくいっていないことは?」
「他にはどんな強みがありますか?」
「他に協力してくれそうな人は?」

「他に使える時間は?」

など

状況を広く把握する。

アイデアをいろいろと引き出す。
便利な質問です。

コーチングで大活躍の質問

掘り下げる質問と拡げる質問。

細かい質問の仕方はいろいろあるけれど、
私がコーチングするときは、
8割以上がこの質問なのではないかなと思う。

この質問をしっかり使うことで、
相手にとっての真実を、
引き出していくことが可能となる。

掘り下げる/拡げる質問の注意点と対策

懸念①相手が困るのでは???

質問はストレス

掘り下げるにしても、
拡げるにしても、
「しつこくなってしまうのではないか?」
という懸念がある。

「他には?」

「他には?」

とか

「それってどういうこと?」
「それってどういうこと?」

って訊いていると、
相手は困ってしまうのでは?ということ。

ポイントは2つ

  • 否定的な質問が続くときつい
  • 目的が曖昧だときつい

否定的な質問の連続

できなかったことや、
不足点について考えているときに、
これがずっと続くのは、
なんだか責められている感じになっていく。
こちらはほどほどにということでもあるし、
逆に、
「うまくいっていること」

「相手の長所」
など、
ポジティブに考えられることも、
公平に扱っていくことが重要。

目的が曖昧

何のために質問されているのかが曖昧だと、
「なぜこんなことに答えなければならないのか」
という感情にもなってしまうかもしれない。

この質問に答えることが、
「自分の望む成果につながる」
とか
「自分の成長につながる」
と思えたり、

「コーチは自分のことを思って質問してくれている」
という状況になったりすれば、
質問を重ねられても、
ネガティブな感情は薄れる。

相手が不安やストレスを感じていることを察したら、
改めてこの質問を繰り返す目的を伝えたり、
相手に考えてもらったりするといい。

懸念②どのくらい訊いたらいいの?

この質問、特に拡げる質問は、
いくらでも広げられるし、深められる。

(まあ、深めるには限界があるけど…)

重要なことは、

  • そのコーチングの意図・目的
  • コーチングの設定時間

によって、
どう舵取りするかを考える必要がある。

時間がたっぷりあるのなら、
じっくり深めたり広げたりすればいい。

逆に、
コーチングを終わらせることが目的ではないので、
ちゃんと引き出せていないのに、
無理やり終えてしまうのは違う。

どれだけ深めたり広げたりすればいいかは、
もちろん決まりがないので、
これはコーチングの機会を重ねて、
感覚的に掴んでいってもらいたい。

今日のまとめ

というわけで本日は、
コーチングにおいて、
非常に重要で、使い勝手が良く、
使う頻度も非常に高い、
「掘り下げる質問」

「拡げる質問」
についてご紹介しました。

想像以上に、
表面的な薄っぺらい会話で終わらせてしまったり、

十分にアイデアや情報を引き出せていないケースが多い。

この2つの質問を駆使することで、
会話の質が格段に増す。

使いこなしていきましょう!

(Visited 119 times, 1 visits today)