1on1ミーティングの導入を進める企業が増えています。

しかし…、
1on1ミーティングの導入を考えていたり、
導入は決まったけれど、
社員にどのように説明していいかわからなかったりしませんか?

そもそも「1on1ミーティングとは何なのか」
今日は改めてその疑問に「シンプルに」答えていこうと思います。

このブログで得られること

  • 「1on1ミーティングとは何か」が理解できる
  • 「1on1ミーティングとは何か」って訊かれたときに説明できる
  • 1on1を導入に際し、社員の抵抗や反発があるときに、
    どのように対応すればいいかわかる

ブログの信憑性

  • 筆者はリーダーシップやコーチングに関する研修を15年以上実施しています
  • 1on1やビジネスコーチングの研修を100本以上やってきました
  • 1on1導入の仕組みづくりも支援の実績があります

「1on1ミーティングとは何か」をシンプルに説明する

さていきます。シンプルに

1on1ミーティングとは

「1対1で対話すること」です!

以上!

なのですが…、
大事なのはここから。

というわけで、
しっかりと掘り下げていこうと思います。

ビジネスシーンにおける1on1ミーティングとは

ここから細分化してお伝えしていきますが、
前提としてわかっていてほしいことは、
一般的に「正しい形はない」ということです。
裏を返せば、
「正しい形は組織の目的に依存する」ということです。

これを踏まえて…、

いくつかの切り口から、
「1on1ミーティングとは」をお伝えしていきます。

「1on1は何のためにやるの?」【目的】

目的はいろいろと設定できますが…、
自分や自分の組織にとって重要な目的を、
自分で設定して意識し続けることが重要です。

そして1on1の目的は、
目先の目的から、長期的な目的があって、
それが連なっていくということを知っていてほしいです。

しかし私が考える、1on1ミーティングの主要な目的は2つ
※ココ重要

  1. 相手のパフォーマンス(行動・結果)向上を支援
  2. 相互の信頼関係の構築

というわけで、これを意識しながら、
目先の目的と長期的な目的を見ていきましょう。

目先の目的の一例

  • 相手のモチベーションの維持・向上(の支援)
  • 相手の悩みやストレスの解消(の支援)
  • 考える力を身につける
  • 相手のことを理解すること(価値観や目標など)
  • 自分や組織のことを理解してもらうこと
  • 方向性の一致

長期的な目的

長期的な目的というのは、
「目先」の目的を達成し続けていった結果、
結果的に現れてくる状態のこと。

  • 主体性・自発性の向上
  • 当事者意識の向上
  • 生産性のアップ
  • 働き方改革の推進
  • 売上や利益アップ
  • 信頼関係の向上
  • 会社や組織への帰属意識の向上
  • マネジャーに対する尊敬
  • 離職率の低下
  • 組織のビジョン実現
  • 相手のビジョン実現
  • 社員が継続的に楽しく仕事に取り組む

とまあ、
1on1ミーティングが「機能」すると、
これらの目的が達成していける可能性があるということ。。

直接的には目に見えづらいのだけれど、
日々の1on1ミーティングの実施が、
コツコツと見えない成果を積み上げていくことになります。

というわけで、
「1on1ミーティングを何のためにやるのか?」
の答えは、上記すべてがあり得るし、
上記にないものも含まれるかもしれません。

いずれにせよ、
「長期的な目的」を見据えながら、
「短期的な目的」を実現・達成していく
わけです。

「1on1は誰と誰がやるの?」

これもいろいろ考えられます。
正しい答えはありません。

  • マネジャーとメンバー
  • 上司と部下
  • メンターとメンティ
  • 教育係と新入社員
  • 社内コーチと社員
  • 他部のマネジャーとメンバー
  • 社長と役員
  • 社外コーチと役員/社員

とこれらが、ビジネスシーンにおける、
一般的な1on1の形であると思われます。

「1on1はどれくらいの頻度や時間でやるの?」

結論を言ってしまうと、
「上記目的を達成するために必要な時間と頻度で実施する」
です。

そしてさらに、非常に大事なことは、
定期的に設定されているということです。

「相談できる機会・場所が、定期的にやってくるということですね」

相手任せ、その人次第になっていた、
報告・連絡・相談などが、
当たり前にできるというわけです。

一般的な頻度は、
1週間に1回
2週間に1回
1ヶ月に1回

など

ただし、1ヶ月以上は空けない方がいいです。
必要な相談のタイミングを逸します。

1on1ミーティング導入に際して社員に説明すること

絶対に伝えなければならないことは3つ。

  • 1on1ミーティングとは何か?
  • 会社・組織としての狙い
  • 会社・組織としての1on1に対する本気さ

1on1ミーティングとは何か?

そもそも1on1ミーティングについて知らない人はいます。

  • 1on1ってこういう概念ですよ
  • 1on1ってこういうやり方しますよ
  • 1on1のうちの会社の仕組みはこうですよ

ということを、丁寧に伝えます。

会社・組織としての狙い

これは上記の「目的」です。

自分たちの会社・組織において設定した主要な目的を、
丁寧に伝えていく必要があります。

人は自分にとって重要な「目的」を、
原動力・モチベーションとします。

その目的が自分たちのものになるように、
しっかりと説明責任を果たしましょう。

会社・組織としての1on1に対する本気さ

全社的な方針にゆらぎがあると、
社員の本気さをつくることが難しくなります。

「絶対に1on1をモノにする」というコミットが、
社員に伝わっていくことが重要です。

「トップは本気なんだな…」
「新しい文化をつくっていくんだな」

ということが伝わるように伝えましょう。

1on1ミーティングの実施に抵抗・反発する人への対処

こちらも結論から言いますと…、

「気にしなくてOK」

抵抗勢力は多くても2割

正直なところ、
殆どの場合、抵抗や反発は残念ながらあります。

感覚的には多くても2割くらいでしょうか…。
(すごく多くての話です。大抵は数%と思います)
それ以外は、結構楽しんで前向きにやっています

ただし、
より多くの人を1on1導入&実施に巻き込んでいくためには、
上記の「目的」と「本気さ」を伝える必要があります。

これが前提。

不燃性を無理に燃やさない

さて、
抵抗勢力の人たちを「なんとかしよう」としても、
なんとかなりません。

断言します

中には意地悪な人もいて、
なんとかしようとしていることを、
心のなかで面白がっている人もいます。

稲盛和夫さんがこんなことを言っています。

人の状態には「自燃性」「可燃性」「不燃性」がある。
自燃性:自分で勝手に燃える人(主体的で自発的に動く人)
可燃性:燃やされる人。感化されて動く人。
不燃性:燃えない(動かない)と決めている人。

※人の「タイプ」ではなくて、「状態」

不燃性の人を燃やすのは、
たくさんの時間とエネルギーを要します。

その時間とエネルギーは、
自燃性の人と可燃性の人に費やしましょう。

不燃性の人は、
「燃えない」と決めているので、
何をしても無駄です。

自分で「燃えようかな…」って心が動くまでは、
ほっときましょう。

周りの人が成果や効果を出していくと、
「あ、やっぱりいいのかも…」
って心が動く日がやってきます。

あ、でも、
その人が1on1をやる対象の人は、
少しケアが必要かもしれませんね。

前向きな人で結果をつくりましょう

ポイントは、
前向きな人を全力で支援して、
効果をつくっていくこと。

そして、
その効果をどんどん発信していくことが重要です。

効果があるものには、
人の心が動きます。

今日のまとめ

というわけで今日は、

「1on1ミーティングとは何か」をテーマに、
それを理解することと、
社員にどのように説明するかをシンプルにまとめました。

シンプルでしたよね?

「1on1ミーティングとは何か」=「1対1で対話をすること」

大事なことは「目的」の設定です。
これなくして、1on1ミーティングの成功はありません。

やり方の前に、
目的を明らかにして、
それを論理的に、情熱的に説明していきましょう。

やり方は二の次です。

そして、
感化された人たちとともに、
まずは成果や効果をつくり、
それを前面に打ち出していきましょう。

1on1ミーティングの成功を祈ります!

LBJにお問い合わせ

今回の記事が何かのお役に立てればうれしいです。

LBJへお問い合わせ

「うまくいかない…」「困ってる…」という場合や、
「もっと効率や生産性をアップさせたい」ということであれば、
是非一度、お気軽にご相談ください。
https://lbj.co.jp/contact/

LBJのサービス

1on1ミーティングの研修や仕組みづくりの支援もしております
https://lbj.co.jp/service/

(Visited 3 times, 1 visits today)