2017年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
昨年もたくさんの方の支えのもと、
たくさんの出会いをいただきました。

今年もより多くの人のお役に立てるよう、
一層自身に磨きをかけていきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年始のスタートといえば…

20170105_planning_startdash_lbj_tomonarihangai

さてみなさんはどのような2017年のスタートを切っているでしょうか。

すでに仕事が始まっていて、バリバリやっていますという人。
仕事はスタートしているけど、エンジンが掛からないという人。
仕事はスタートしているけど、来週まではエンジンを掛ける気がない人。
仕事は来週からで、まだ餅食ったり、酒のんだりで幸せに過ごしている人。

とまあ、いろいろかと思います。

ただ、なんとなく、年始と言えば、なんとなくエンジンがかからない。
そんな印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

エンジンは掛かるものではなく掛けるもの

「来週になればエンジン掛かるから…、しばらくほっといて」

しかし、エンジンは勝手には掛かりません。
「来週になれば掛かる」
と言っている人は、そのように決めているのです。

つまり…、
来週になったら掛ける。
今週は掛けない。

こんな風に決めています。

決めているつもりはなくても、決めているのです。

仕事始めで掛けるのか、
1週間経ったら掛けるのか。

いずれも本人の「選択」であるということです。

確実に差がつく年始のスタート

そうは言っても、
周りも全体的にそんな雰囲気だし、
バリバリエンジン掛けると、
空気読めないやつだと思われちゃう。

こんな考えもあるかもしれませんね。

でも考えてみてください。
仕事初めで、100%の力を出すビジネスマンと、
1週間経ってから100%の力を出すビジネスマンでは、
ちょっと差がついちゃうと思いませんか?

100mならば、
スタートを3m進む間に相手はゴールしてます。
箱根駅伝でも、1区走らないうちに、
スタートダッシュを決めた人は、
復路を走りきっています。

1年は365日しかありません。
そのうちの7日間は、意外と大きいのです。

30分で年始の準備を

じゃあ、スタートダッシュをするために何したらいいのか。

そんなに難しいことではありません。
たった3つのステップを、
出社の前日にやってもらえればOKです。

もうすでに始まっている人でも、
まだ間に合います。

Step1:決める

まずは「エンジンを掛けると決める」こと。

「そのうち掛かる」
ではなく
「掛ける」
と選ぶのです。

Step2:15分で思い出す

年末にどんな仕事をしていたのか、
どんなお客さんと会っていたのか、
継続中の仕事は何か、
自分の会社や仕事のことについて思いを馳せます。

仕事の情報が脳みその中で解凍されていきます。

Step3:15分で年始のイメージ

思い出したら、あとはどう動けばいいのかを、
簡単にイメージトレーニング。

イメージしたことを、脳みそはサポートしてくれます。
難しく考える必要はありません。

自分が年始から100%のパフォーマンスで動いているところを、
頭のなかで簡単にイメージすればOKです。

Step4:よく寝る

しっかりとイメージした後は、しっかり睡眠をとること。
思い出したことやイメージしたことは、
睡眠がサポートしていろいろな情報をつなげてくれます。

この睡眠は、
思考の整理のために、重要な役割をしてくれます。
6時間以上寝ましょう。

いつもとは違う年始のスタートダッシュを

以上、たったの30分。
これで準備は万端です。

周りはぼーっとしているかもしれませんが、
観ている人は観ています。

差がつくのは1月中ではありません。
1年を終えるときに差がついています。

いつもとは違う、気持ちのいい1年のスタートを切りましょう。

ステキな2017年になりますように!