ビジネスシーンにおける重要なコミュニケーションと言えば、
やはり報連相。

漏れがちになるこれらのコミュニケーション、
報告、連絡、相談を
なんとか社員に意識付けしたいと願った社長さんが、
オヤジギャグでまとめたものが、
かなり浸透している。

どこでも話題&課題の報連相

報連相というのは、
新人のときから叩き込まれる。

「新入社員研修」と名の付く研修を実施する企業においては、
必ずと言っていいほど扱うテーマでもある。

この基本的なコミュニケーションが、
組織において仕事をする上で、
あるいはお客さんと信頼関係を築いていく上で、
とても重要であることを物語っている。

しかし、
この報連相を、
円滑に実施することのできる人や、
「報連相得意です!」
と手をあげられる人は、
なかなかいないのではないだろうか。

少なくとも、
私が研修を実施する企業においては、
苦手意識を持っている人や、
「しっかりやれ」と要求されている人が多い。

報連相の5ステップ

今日は報連相の5ステップを紹介する。

報告も連絡も相談も、
コミュニケーションである。

これらを分けてポイントを説明しているところもあるが、
基本的なところはすべて一緒である。

5ステップとは、

<Step1>事実の明確化
<Step2>自分の解釈・判断
<Step3>要因分析する
<Step4>アイデア
<Step5>報連相の戦略

5W5H

まずは、
報連相をする上で必要な、
5W5Hを押さえておく。

5W1Hとか、6W3Hとか、
括り方はいろいろあるが、
報連相においては、6W6Hを駆使していく。

What

Who

Where

When

Why

How

How many

How much

How feel

How think

<Step1>事実の明確化

報連相しなければならない事柄や出来事について、
客観的事実を確認するところから始める。

意識する5W5Hは主に、

「What」

何が起きているのか/いないのか、
何をしたのか/していないのか
何を言ったのか/言っていないのか。
何があるのか/ないのか。

「Who」

誰が言ったのか、誰がやったのか
誰に言ったのか、誰にやったのか

「When」

いつのことか。

「Where」

どこでのことか。
どんな場面のことなのか。

まずは、事実をできるだけ詳細に確認する。

<Step2>自分の解釈・判断

「How think」

それをどう考えているのか。
自分の解釈や判断や評価。

「How feel」

どう感じているのか。
どんな気持ちなのか。

<Step3>要因分析する

「Why」

事実について、なぜおきたのか。
要因・原因を考察すること。
このプロセスが、解決策のアイデア出しにつながる。

<Step4>アイデア

What

何をするのか。

How

どのようにやるのか。

When

いつやるのか。

Who

誰が、誰と、誰に対して。

How much

いくらで

<Step5>報連相の戦略

Step4までが整理できたら、
実際に報連相をどのようにやるのかを考える。

Who

誰が、誰に対して

What

どの情報を出すのか。
何を伝える/そうだんするのか

How

どのような手段か。

When

いつ

報連相はやること一緒

上記のプロセスを踏まえれば、
報告も連絡も相談も、
適切にすることができる。

ポイントは結局のところ、
コミュニケーションを取る前に、
自分自身でどのように情報を整理するかだ。

報連相が下手くそな人、あるいは下手くそと思われている人は、
必ずここがおろそかになっている。

準備8割。
報連相も一緒である。